EV・PHEV
FEATURE

導入時の費用負担が少ない、
EV・PHEV充電設備

他の家電と同時に使っても大丈夫

EV・PHEV充電設備は大きく分けて、急速充電と普通充電の2種類があります。普通充電は、単相200Vまたは100Vを使用し、急速充電より充電時間はかかりますが、導入費用の負担が比較的少なく、長時間駐車する住宅におすすめ。他の家電製品も同時に使うことも考慮し、単相200Vの普通充電を採用しています。

屋外コンセント
充電ケーブル付き

簡単なリフォームで、EV・PHEV充電設備を導入可能

EV・PHEV充電設備の導入イメージ

工事は既設の分電盤から屋外のEV用コンセントまでの配線、コンセントの取り付けを行います。電気の容量が足りない場合は、契約容量の変更にも対応いたします。

災害時には電気自動車の電気を自宅へ供給、太陽光発電もあれば節約にも

V2H(Vehicle to Home)を導入することで、災害時、電気自動車に蓄えた電気を、自宅で使う電気としてご利用いただけます。さらに、太陽光発電があれば、太陽光でつくった電気で電気自動車の充電ができるので、光熱費の節約になります。

SERIES

機器のご案内

対象設備

屋外コンセント

屋外コンセント

充電ケーブル付き簡単充電器
取り扱いメーカー
  • パナソニック株式会社
    など
USAGE FEE

ご利用料金について

設備導入料(参考金額)

充電用屋外コンセント設置 導入料※1

90,000 (税込)

※導入機器、工事内容等により異なります。お客さまご要望、工事の内容に応じて、個別にご提案させていただきます。

助成金が利用できる自治体があります

STEP

導入までの流れ

お問い合わせからご利用開始までの目安: 1 か月程度

現地調査
敷地電気配線、搬入・設置スペースなどを調査します。
STEP1
お見積り・ご提案
お客さまのご要望に合った機器をご提案します。
ご契約
正式に契約を締結。工事請負契約を締結します。
STEP2
設置工事
EV・PHEV充電設備を設置します。
STEP3
STEP1
現地調査
敷地電気配線、搬入・設置スペースなどを調査します。
お見積り・ご提案
お客さまのご要望に合った機器をご提案します。
STEP2
ご契約
正式に契約を締結。工事請負契約を締結します。
STEP3
設置工事
EV・PHEV充電設備を設置します。

設置工事について

TEPCOホームテックと提携した、実績豊富な工事会社が安全に施工いたします。

最短で工事が終わります

1
配線工事
分電盤からEVコンセントまでの配線工事をします。
2
試運転
通電確認を行います。
3
ご利用開始
設置工事の完了後からご利用いただけます。
EV・PHEV充電設備の設置工事の設置場所、設置後、分電盤の写真

工事品質の保証について

関連法令、機器メーカーの施工要領の遵守、安全管理を目的に、各種ルールの策定や提携工事会社に対する定期勉強会を実施しています。また、施工中、当社スタッフが現場を巡回し、工事品質の確保と向上に努めています。

FAQ

EV・PHEV充電設備に関するFAQ

Q
EV充電設備の設置にあたり電力契約を見直す必要はありますか?
A
充電機能を十分お使いいただくためには、電力契約を見直す必要がある場合がございます。
Q
充電にはどれくらい時間がかかりますか?
A
普通充電器3kWの場合、10kWhの充電で約200分程度が目安となります。
Q
車種により充電できない場合はありますか?
A
国内主要メーカーの主な車種については基本は充電可能です。海外メーカーの一部車種については利用できない場合があります。