TEPCOホームテックのEVリフォーム

EVの大容量バッテリーを
蓄電装置として利用
V2Hシステム
(Vehicle to Home)

V2Hシステムとは、クルマと家をつなぐシステム。
クルマにためた電気を、
夜間や万一の停電時に家でつかうことが可能です。
省エネエコ
災害時安心な暮らしが実現できます。

image

  • 昼間

    太陽光発電の余剰電力を
    クルマにためる

    image

  • 夜間

    家に戻して家電につかう

    image

「つくって、ためて、上手に使って、
災害にもそなえる」

太陽光発電と
V2Hシステムを連携して

安心な暮らしを実現しませんか?

TEPCOホームテックが提案する定額利用サービス「エネカリ」なら初期費用0円でV2Hシステムが設置可能!

災害による万一の停電時も電気がつかえる

万一の停電時も、昼間は太陽光で
つくった電気を家でつかい、
夜は、クルマにためた電気を家で
家電などに使うことが可能です。
ためた電気を使い切ってしまっても、
太陽光で充電し
継続的に電気をつかうことが可能。

多くの家電製品を同時につかうことが可能。200VのIHやエアコンも使用できます! 多くの家電製品を同時につかうことが可能。200VのIHやエアコンも使用できます!

停電時でも、
電気がつかえる安心を!

  • image

    エアコン

  • image

    IH調理器

  • image

    エコキュート

  • image

    液晶テレビ

  • image

    洗濯機

EV・PHEV充電設備

TEPCOホームテック安心サービス

  • 安心その1電気のプロが最適な電気容量、
    料金メニューをご提案。

    もしかしたら現在の契約容量は大きすぎるかも。
    現在のご契約容量、ご使用量、ライフスタイルをお伺いして最適な料金メニューをご提案します。

    例えば・・・

    • ●EVに充電するには、電気容量をUPする必要があるの?
    • ●自宅の契約が回路契約になっているのですが…
    • ●電気容量を上げずに工事することはできますか?
  • 安心その2安心の10年工事保証付

    当社の工事完了後、万が一、不具合が生じた場合は10年間対応いたします。
    ※当社工事範囲内で不具合が生じた場合、当社工事に起因している瑕疵について保証するものです。

EV・PHEV用の充電用設備には…

大きく分けて、急速充電と普通充電の2種類があります。
普通充電は単相200Vまたは100Vを使用します。急速充電より充電時間はかかりますが、導入費用の負担が比較的少なく、長時間駐車する住宅におすすめです。

お手軽!
EV・PHEV充電用屋外コンセント商品一覧

  • 屋外コンセント

  • 屋外コンセント

  • 住宅など

  • 手元スイッチ防雨ガードプレート

お薦め!
充電ケーブル付きで簡単充電「Mode3タイプ」

ELSEEV hekia 充電器本体(Mode3)

  • 充電器本体
  • 住宅など
タイプ 在庫
区分
品番 充電ケーブル 質量
標準型 30日 DNH321K 200V用×1 約6kg
充電コントロール機能付 30日 DNH321PK 200V用×1 約6kg

注1:Mode1車両および一部の車種については充電電流設定は使用できません。

工事のイメージ(標準工事範囲)

EV用ブレーカー(外付ボックス) EV充電用配線 手元スイッチ EV用コンセント 車載ケーブル

※費用目安についてはお問い合わせください。

Webで相談する 電話で相談する