エネルギーの豆知識

今から太陽光発電システムを設置するメリットはあるの?

みなさま、こんにちは。エネカリオンラインの上地です。

みなさまは、太陽光発電システムに対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。2012年より固定価格買取制度(FIT制度)がスタートしたことによって「太陽光発電システムを設置すれば売電で収入が得られる」そんなイメージをお持ちの方も多いかと思います。固定価格買取制度(FIT制度)がスタートした当初は、太陽光発電システムの普及を目的としていたこともあり、高い買取価格を設置することで太陽光発電事業への投資を誘導してきた側面があります。しかしながら、普及が進むにつれて設置コストの低下や再エネ賦課金の国民負担が増大していることもあり、売電価格は値下がり続けています。このことは、太陽光発電システムを売電収入目的に設置したいという方にとっては、今から設置したところでメリットがないように思えてしまうかもしれません。そこで、今回は、今から太陽光発電システムを設置した場合にどのようなメリットがあるのかについてご紹介できればと思います。

太陽光発電システムについて

太陽光発電システムとは、太陽の光を使って電気をつくるシステムのことをいいます。太陽光発電システムは、太陽光発電モジュール(太陽電池モジュール、太陽光パネル、ソーラーパネルともいいます) に太陽光があたることで発電します。しかし、発電された電力は直流電力となり、そのままでは家庭内で電力を使うことができないため、パワーコンディショナという機器を使って交流電力に変換します。そのようにして交流電力に変換された電力は、分電盤を介すことで、家庭内の各所で電力を使用することはもちろん、自動的に余った電力を売ることができる仕組みとなっています。

また、太陽光発電システムを導入することの大きなメリットとして、作った電気を売電し収入が得られるというのがあります。しかしながら、冒頭でもお話したように年々売電価格は値下がり続けていることから「今設置してもメリットがないのでは」と不安視する方も多いのではないでしょうか。そこで、そんな方の不安を解消できればと思い、これからの導入でも得られる太陽光発電システムのメリットについてご紹介していきたいと思います。

今から太陽光発電システムを導入するメリット

電気代削減につながる

太陽光発電システムを導入することによって、家庭内で使用する電気を太陽光発電システムで発電した電気でまかなえるようになります。そうなることによって、電力会社から電気を買わずに済みます。近年、燃料の値上げや震災に伴う原子力発電所の停止、消費税の増税などの影響があり、電気料金が値上がり傾向にありますので、電気を買わずに済むということは、電気代の削減に非常に効果的です。太陽光発電システムで発電した電気を家庭内で消費できなかった場合は、電力会社に売電することができます。そのため、少しでも収入を得ることができるのは、魅力ではないでしょうか。

災害や台風による停電時に使用できる

近年、日本では、台風や地震などの自然災害が多数発生しました。それに伴い、2011年には東日本地震後に計画停電、2019年の台風17号直撃時に大規模停電が発生したことは、みなさまの記憶にもまだ残っているのではないかと思います。停電とは、その名の通り電気が停まってしまうことをいいます。私たちの生活は、テレビ・冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機など、電気が必要な機器に支えられています。そのため、停電をしてしまった場合には、それらの機器が使用できなくなってしまうため非常に不便です。また、停電時の貴重な情報源となる携帯電話やスマートフォンにおいても、充電が切れてしまった場合は、充電ができなければ使用できなくなってしまいます。

しかしながら、太陽光発電システムを導入すると、家庭内に電力が供給されなくなった場合でも、自立運転に切り替えることによって、生活に必要な機器の電力をまかなうことが可能になります。そのため、万が一停電が起きた場合も電力が確保でき、普段に近い生活が送れるといった安心を得られる点は、太陽光発電システムを導入することの大きなメリットではないでしょうか。

環境問題に貢献ができる

太陽光発電システムは、自然の力である太陽光を利用して発電をするため、エネルギー源として永続的に利用することができるだけでなく、発電の際に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)を排出しないという特長があります。そのため、再生可能エネルギーに分類されており、環境に優しく環境汚染・地球温暖化が問題視されている今、もっとも注目されているエネルギーの一種です。実際に、世界の国々が加盟する国際機関である国際連合(英語表記:United Nations) で定めている ※SDGs(Sustainable Development Goals)の中にも※「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」とあるほどで、世界的にも太陽光発電システムをはじめとした再生可能エネルギーが普及されることが望まれているほどです。

このように、太陽光発電システムを導入することは、世界的に望まれていることに対してご自身が貢献していると認識できるのに加えて、ご家族のみなさまのエネルギーや節電に対する意識も高められるというのは魅力の1つになるのではないでしょうか。

※SDGs(Sustainable Development Goals) についてはこちら

※「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」 ついてはこちら

ここまで、これから太陽光発電システムを導入した場合に得られるメリットについてご紹介してきましたが、少しはお分かりいただけたでしょうか。このように、太陽光発電システムを導入するだけでもメリットがありますが、家庭用蓄電池を導入することで、さらなるメリットが得られるのをご存知でしょうか。ここからは、太陽光発電システムに合わせて家庭用蓄電池を導入することで得られるメリットについてご紹介していきたいと思います。

家庭用蓄電池の導入で太陽光発電の良さをより活かすことが可能に!

太陽光発電システムが電力を作り出すためには、太陽光発電モジュールに太陽の光があたるという条件が必要となります。これは、裏を返せば太陽の光が出ていない時間帯には発電をすることが難しいといえます。また、太陽光発電システムには発電した電気を貯めておく機能がありません。つまり、日中は太陽光発電システムで発電した電気を使用することができても、太陽の光のない夜間は電力会社から電気を買う必要があります。

しかしながら、家庭用蓄電池を導入し太陽光発電システムと連携させることによって、昼間に太陽光発電システムで発電した電気をためておき、そのためた電気を太陽の光が出ていない時間や悪天候時などにも電気を使うことが可能になります。これは、通常時に限らず、停電時にも有効です。

停電はいつ起きるか予測ができることではありません。もし、停電が日中に起きた場合は太陽光発電システムだけでも安心ですが、万が一停電が夜まで続いてしまった場合でも家庭用蓄電池を導入していれば、夜も普段通りの生活を送れますので、より安心して過ごすことができるようになります。そのため、これから太陽光発電システムを導入しようとお考えの方には、家庭用蓄電池も合わせて導入するのをオススメします。

太陽光発電システムや家庭用蓄電池の導入費用とは?

太陽光発電システムや家庭用蓄電池を導入することのメリットについてはわかったけれども、費用面はどうなのかと気になる方も多いかと思います。太陽光発電システムにおいては、設置する容量にも異なりますが、周辺工事費用なども含むと200万円以上になることもあります。また、家庭用蓄電池においても、見積もりをしてもらう会社によって金額も異なりますが、蓄電池本体と工事費を含めて200万円以上をするケースも多くあります。そのため、せっかく太陽光発電システムと蓄電池を導入したいと思っていても諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

エネカリオンラインの防災エネカリなら初期費用0円で導入可能!

エネカリオンラインでは、初期費用0円、毎月定額の利用料のみで家計の負担少なく太陽光発電システムと家庭用蓄電池を利用できる「防災エネカリ」サービスの提供をしています。太陽光発電システムに防災仕様の家庭用蓄電池をセットにしていますので、これから防災対策をしっかりして、いざという災害時に備えたいという方には特にオススメです。

各種保証などの付帯サービスも含んでおり、安心してご利用いただけますので、この機会にぜひご検討ください。

↓詳細はこちら↓

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る