エネルギーの豆知識

神奈川県民必見!かながわソーラーバンクシステム「0円ソーラー」とは?

みなさま、こんにちは。エネカリオンラインの上地です。

みなさまの中に、これから太陽光発電システムを設置したいとお考えの方はいらっしゃいますでしょうか。もし、これから太陽光発電システムを設置したいとお考えの方の中で神奈川県にお住まいの方がいらっしゃいましたら、太陽光発電システムを設置する時期として今がチャンスです。といいますのも、神奈川県では太陽光発電設備を県民や県内事業者の方々にリーズナブルな価格で安心して設置していただくために、平成23年12月から「かながわソーラーバンクシステム」を運用していますが、その運用プランとして新たに「0円ソーラー」が追加されたためです。そこで、今回は、みなさまに神奈川県で運用している「かながわソーラーバンクシステム」の「0円ソーラー」について知っていただけたらという思いのもと、ご説明していきたいと思います。

「0円ソーラー」とは?

「0円ソーラー」は、近年自然災害による停電が発生する中で、災害時の非常用電源としても利用できる太陽光発電システムの導入促進を図る目的のもと、県民や県内事業者の方々にリーズナブルな価格で安心して設置していただくために運用されている「かながわソーラーバンクシステム」の設置プランの1つです。また、「0円ソーラー」の登録プランとは、住宅所有者が太陽光発電システムを設置する際の初期費用を事業者が負担し、一定期間終了後は住宅所有者に太陽光発電設備を無償譲渡するサービスであることを条件に、登録プランとして認定されたものを指します。そして、「0円ソーラー」に認定された登録プランで住宅所有者が太陽光発電システムを設置する場合、事業者に1㎾あたり5万円が補助される仕組みになっています。

冒頭で、「0円ソーラー」が追加されたため太陽光発電システムを設置するには今がチャンスだといいましたが、「0円ソーラー」の仕組みは事業者に1㎾あたり5万円が補助されるというものなので、実際に太陽光発電システムを設置するみなさまが得をすることはないのではと疑問に思うのではないでしょうか。確かに、補助金の支払先は事業者に支払われますが、サービス利用料の低減等を通じて住宅所有者であるみなさまに全額還元されますので安心していただければと思います。ただし、補助金の支給は、令和2年度の定められた予算内と限りがありますので、検討している方は早めの決断をオススメします。

「0円ソーラー」4つのメリット

「0円ソーラー」には、主に4つのメリットがあります。

初期費用0円で設置可能!契約期間中の維持管理は手間いらず!

事業者が初期費用を負担するため、住宅所有者であるみなさまは初期費用0円で太陽光発電システムを設置することが可能です。なお、契約期間中の維持管理についても事業者が行うため、みなさまの手間もかかりません。

契約期間後は、あなたのものに!

事業者が初期費用を回収後(概ね10年後)は、太陽光発電システムが住宅所有者に無償譲渡されます。

電気代が安くなる!

発電した電気の使用には「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」がかからないため、電気代が安くなります。

※「再エネ賦課金」とは、太陽光や風力などの再生可能エネルギーの導入を推進するために、電気の使用者が使用量に応じて電気料金の一部として支払っているものです。

非常用電源としても使える!

地震や台風などの自然災害により停電が起きた場合でも、昼間の電気が確保できます。

※夜間の利用には別途、蓄電池が必要になります。

「0円ソーラー」登録プランの種類

「0円ソーラー」登録プランの種類は、電力販売とリースの2種類があります。

電力販売

事業者が住宅に太陽光発電システムを無料で設置し、発電された電気を当該住宅所有者などに販売するものを指します。

リース

太陽光発電システムを事業者が代わりに購入・設置し、住宅所有者は太陽光発電システムの使用料を毎月支払うものを指します。

実はTEPCOホームテックのエネカリは登録プランに認定されています!

そんな「0円ソーラー」登録プランのリースモデルに、TEPCOホームテックの「エネカリ」サービスが認定されています。そのため、神奈川県にお住まいで太陽光発電システムの設置を検討しているという方が「エネカリ」をご利用される場合には、補助金を活用することで毎月のエネカリ利用料がさらにおトクになります。ただし、助成金支給対象は、太陽光パネルの設置容量が3㎾以上5kW未満という条件がありますのでご注意ください。

補助金を活用した場合のエネカリ利用料はどうなるの?

補助金を活用することで利用料がおトクになるといっても、実際にどのくらいおトクになるのかと気になる方も多いかと思います。そこで、下記モデルケースをもとに、ご説明していきたいと思います。

エネカリ利用期間:10年
太陽光発電パネル設置容量:4㎾
通常エネカリ利用料:月額税込11,548円(税込)

このモデルケースの場合、機種や設置場所・条件により異なりますが、補助金の活用で月々のエネカリ利用料が9,348円(税込)で利用が可能になります。そして、エネカリ利用期間10年トータルでみると、なんと約26.4万円もおトクになります。

みなさまの中には、エネカリ利用期間10年トータルで約26.4万円のトクになると聞いて、4㎾の太陽光パネルの設置の場合は20万円のトクになるはずではと疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このモデルケースの場合、補助金をリース料金に反映する際にはリース料率の関係で月々2,200円が控除されます。よって、月々2,200円×エネカリ利用期間120か月(10年)=528,000円の控除となります。そのため、本来事業者であるTEPCOホームテックに支給される補助金金額は20万円ですが、みなさまには20万円以上還元がされることになるというわけです。

通常のエネカリ利用料金よりも20万円以上もおトクになるのですから、この機会を見逃すのはとてももったいないことだと、みなさまに思っていただけたのではないでしょうか。

「0円ソーラー」はエネカリのご利用を!

TEPCOホームテックのエネカリは、初期費用0円はもちろんのこと、月々のエネカリ利用料には変動がなく、万が一の故障時の修理費用もかからないため、支払い計画も立てやすく家計のやりくりもしやすいです。さらには、工事10年保証や機器10年保証、風水害や落雷といったもしもの場合に備える動産総合保険も付帯しておりますので安心してご利用いただけますので、「0円ソーラー」の補助金を活用する際にはぜひとも「エネカリ」を選んでいただければ幸いです。

もっと詳しく知ってから考えたいという場合には、「0円ソーラー」の補助金を活用したいという方向けの特設ページもご用意しておりますので、ご確認の上ご検討いただければと思います。

もし、ページをご覧になったうえでご不明点などがございましたら、24時間365日お電話とWEBにてお問い合わせを承っておりますので、ページ内にございますお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

↓「0円ソーラー」補助金特設ページはこちら↓

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る