エネルギーの豆知識・体験談

いつが交換時?IHクッキングヒーターとエコキュートの買い替え目安を紹介

こんにちは、エネカリオンラインの上地です。

オール電化住宅に住まわれている方であれば、調理にはIHクッキングヒーター、湯沸かしにはエコキュートをご使用かと思いますが、みなさんはこれらの機器を交換するタイミングをどのように見極めていますでしょうか。形あるものはいつか壊れてしまうものですが、どちらの機器も生活に必要不可欠な機器ですので、いざ壊れて使えなくなってからでは生活に不便が生じてしまいます。そこで、今回は IHクッキングヒーターとエコキュートの耐用年数や、寿命が近づいてきたことを示すサインとなる症状をご紹介したいと思います。

IHクッキングヒーターとエコキュートの寿命とは?

IHクッキングヒーターとエコキュートに限らず、ほとんどの生活機器には利用に耐えられる期間に限りがあり、この期間のことを耐用年数と呼んでいます。これが、いわゆる製品寿命にあたります。実際に機器を使用していると、耐用年数よりも前に壊れることもあれば反対に耐用年数を超えて使い続けられる場合もあります。さらには、普段の使い方やお手入れの仕方によっても左右されますので、あくまでも平均的に故障が見られる期間だと考えてください。それを踏まえたうえで、IHクッキングヒーターとエコキュートの耐用年数がどれくらいなのか解説していきたいと思います。

IHクッキングヒーターの耐用年数

IHクッキングヒーターの耐用年数は、おおむね10年だと考えていただければよいかと思います。その理由として、IHクッキングヒーターを販売しているメーカーの中に、ホームページ上で耐用年数は約10年と記載しているメーカーがあるためです。しかし、この耐用年数にはパッキンなどの消耗部品については含まれていません。また、この耐用年数にあたるのは、上部のヒーター部分のことを指しており、下部のグリル部分の耐用年数はというと、塩分や魚の油などがグリル内に溜まってしまうことで内部から劣化を速めてしまうという理由から、下部グリルの方が上部ヒーター部分よりも先に寿命を迎えてしまいます。そのため、少しでも長持ちさせるために消耗部品の交換を速めてあげることや、年に5回程度空焼きをして油を飛ばしてあげるなど、工夫が必要になります。しかし、その長持ちさせるために必要な消耗部品をメーカーが保管している期間も、たいてい製造終了後6~10年間程度となっていますので、購入してから10年を超えたものについては修理に出したくても部品が無いという状況に陥るおそれがあります。よって、購入後10年を1つの買い替え目安と考えていただければよいかと思います。

エコキュートの耐用年数

エコキュートの耐用年数においては、まだ発売してから年数が浅いこともあり、寿命に関する正確なデータは不十分なところがありますが、一般的な電気温水器の平均耐用年数やメーカーの取扱説明書の部品の交換目安などから判断すると、おおむね10年と考えていただければよいかと思います。しかしながら、エコキュートは、貯湯タンクとヒートポンプユニットから構成されており、使用する頻度や部分ごとで寿命の長さが異なります。貯湯タンクにおいては、構造が電気温水器と基本的には同じため、おおよそ10年程度と考えていただいて良いのですが、ヒートポンプユニットにおいては、電子回路部品に故障が発生しやすく、使い始めてから5年を経過すると不具合が起こることもあるようです。それを証明するかのように、メーカーが設定する無償保証期間においても、貯湯タンクが5年、ヒートポンプユニットは3年としているメーカーも多いです。また、耐用年数がおおむね10年だというのには、メーカーがエコキュートの部品を保管している期間が製造終了後10年程度のため、使用してから10年が過ぎたエコキュートを修理しようと思っても取り替えパーツが無く修理できない場合があるからです。そのため、10年を過ぎるとそもそも修理ができなくなる場合が多いことから、購入後10年を1つの買い替え目安と考えていただければよいかと思います。

買い替えを検討すべき症状とは?

買い替え時の目安となるIHクッキングヒーターとエコキュートの耐用年数についてお分かりいただけたかと思いますが、これはあくまでも目安であり、それよりも前に壊れることもあれば逆に長く使用できる場合もあります。ですが、そうなってしまうと、実際にどんな症状が起きたら買い替えを検討した方が良いのかと疑問に思ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは、買い替えを検討した方が良いと思われる症状例を挙げていきたいと思います。

IHクッキングヒーターの寿命が近づいたことを知らせるサイン

電源が入りにくい

IHクッキングヒーターを長年使っていると、スイッチを入れても電源が入らないという現象が起こりやすくなります。電源が入らない原因として、煮こぼれや吹きこぼれなどが起き、それが蓄積したことで内部基盤が損傷してしまっているといった可能性があります。そのため、このような症状が出始めたら、そろそろ買い替え時のサインだと考えて良いかもしれません。

お湯が沸くまでに時間がかかる

IHクッキングヒーターを10年近く使用すると、ヒーター部分の経年劣化により、火力が低下してしまう場合があります。しかし、ガスコンロのように火力の強弱を目で確認することは難しいため、 10年近く使用しているものが以前に比べてお湯が沸くのに時間が掛かると気になった場合には、そろそろ寿命が近いという判断材料としてもよいかもしれません。

そのほかにも、使用中にブーンという異音がなる、ヒーターやグリルの温度が上がらない、すぐにブレーカーが落ちてしまうといった症状が頻繁に現れるようになったら、寿命が近いサインと考えて買い替えを検討するのがオススメです。

エコキュートの寿命が近づいたことを知らせるサイン

足し湯をしても水しか出ない

お風呂の足し湯ができない、蛇口から水しか出てこないという時は、単純にお湯を使い切ったことによる湯切れの可能性があるため、お湯の沸き上げ(沸き増し)を行うことで解消されることがあります。また、エコキュート本体を一旦リセットすることで直ることもあります。しかし、それでも直らない場合は、温度調整基盤の経年劣化が原因の可能性が高いため、寿命が近づいているサインだと思って良いかもしれません。

湯はりが止まらず、お湯が浴槽からあふれてしまう

設定した水位で湯はりが止まらない時は、まずは水位の設定ミスがないかどうかを確認する必要があります。もし、水位の設定ミスがなかった場合は、水位センサーが誤作動を起こしている可能性があります。その場合は、入浴剤の汚れが浴槽の循環口に詰まっているかもしれないので、浴槽循環口を掃除をすることで解消するかもしれません。しかし、それでも直らなければ、循環口周りや水位センサーの故障が考えられるため、そろそろ買い替えを検討しても良いかもしれません。

そのほかにも、貯湯タンクから水やお湯が漏れやすくなる、シャワーのお湯の温度が一定しないといった症状が出たり、それに伴ったエコキュートの異常を知らせるエラーが頻発するようになってきた場合には、寿命の近さを知らせるサインだと考えて買い替えを検討するのがオススメです。

IHクッキングヒーターとエコキュートの買い替えはエネカリで!

ここまで、IHクッキングヒーターとエコキュートの耐用年数や、寿命が近づいてきたことを示すサインとなる症状についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。もし、ご自宅でご使用になられている機器が該当する場合には、買い替えのご検討をオススメしたいのですが、実際に買い替えをしようと思うと、どちらの機器も費用が高額であるという理由で導入に踏み切れないという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、TEPCOホームテックでは、初期費用0円、月額利用料のみで省エネ機器を導入いただける「エネカリ」サービスの提供をしています。各種保証などの付帯サービスも含んでおり、ご家庭の負担少なく安心してご利用いただけますので、ぜひご検討ください。

エネカリに関するお問い合わせはこちらから

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る