エネルギーの豆知識

知らないと失敗する?!IHクッキングヒーターの上手な選び方

みなさま、こんにちは。エネカリオンラインの上地です。

みなさまが、もし、IHクッキングヒーターを交換したいと思った場合に、実際どのように選んだら良いのだろうかとお悩みになるのではないでしょうか。そこで、今回はそのようなみなさまのお悩みが少しでも解消できればと思い、IHクッキングヒーターの選び方についてご紹介させていただきます。

IHクッキングヒーターの特長と3つのタイプについて

IHクッキングヒーターとは、トッププレートに磁力線が埋め込んであり、鍋との電気抵抗を利用して発熱させる仕組みを持つ調理器具のことをいいます。IHクッキングヒーターは、火をつかわずに電気で加熱しているため、火傷を負う可能性も低く、火を消し忘れる心配もないので安全性が高いというのに加えて、トッププレートがフラットなためお手入れがしやすいのが大きな特長です。また、IHクッキングヒーターには主として、システムキッチンに組み込むビルトイン型、コンロ台に置く据置型、持ち運び自由な卓上型といった3つのタイプがあります。その中で、便利で安全なビルトイン型のIHクッキングヒーターをエネカリオンラインではラインアップしています。

もし、みなさまがエネカリオンラインでビルトイン型のIHクッキングヒーターに交換したいとお考えの場合には、交換ができるか否か、現在のご自宅のキッチン状況をみなさまに確認していただく必要があります。 そこで、現在のみなさまのご自宅のキッチン状況でビルトイン型IHクッキングヒーターへの交換ができるかどうかの確認方法についてご説明していきたいと思います。

ビルトイン型IHクッキングヒーターへの交換が可能か確認しよう

現在、ビルトイン型をご使用の方はもちろん問題なく交換することが可能です。しかしながら、現在ガスコンロや据置型をお使いの方がビルトイン型への交換を希望している場合は、リフォームなどの工事を伴わなわなければ設置をすることが難しいことから、エネカリオンラインでのお申込みはいただけません。もし、ガスコンロや据置型をお使いの方がビルトイン型に交換したいという場合には、お電話やWEBフォームにて24時間365日ご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

ガスコンロや据置型をお使いの方のお問い合わせはこちらから

みなさまのご自宅のキッチン状況でビルトイン型IHクッキングヒーターに交換可能か確認したところで、次に買い替える際のポイントについてご紹介していきたいと思います。

ビルトイン型IHクッキングヒーターを選ぶポイント

天板の幅

IHクッキングヒーターの天板幅は、各メーカー規格が共通化されており、60cm幅か75cm幅の2サイズがあります。どちらのサイズも本体のサイズは同じで、75cm幅は60cm幅と比べて15cm横幅が広いタイプとなります。幅の違いで変わることは、トッププレートの左右幅が異なる点です。左右のヒーターの間隔は60㎝幅も75㎝幅も変わりません。そのため、鍋を置く天板スペースを広く取りたいご家庭や、3口全てを使っての調理が多いご家庭などは、トッププレートの広い75cm幅のIHがオススメです。

ただし、現在設置されているレンジフードの幅が60cmの場合には、消防法により、レンジフード幅以上のIHクッキングヒーターの設置が難しくなります。そのため、IHクッキングヒーターの交換をする際には、現状設置のIHの天板幅と同じサイズのものをオススメします。

ヒーター数とヒーターの種類

ヒーターの数は、1口や2口のものもありますが、エネカリオンラインでは、3口なものをオススメしています。その理由は、ヒーターの数が多いぶん複数の同時調理が可能になり、作業効率が上がるためです。また、ヒーターの種類においては、金属製鍋がすべて使用できるオールメタル対応のタイプもありますが、通常のものと比較して多少ヒーターの能力が下がってしまいます。そのため、ガスコンロの強火と同じ火力を出すことが可能な3口すべてが鉄とステンレスの鍋での加熱となるタイプをオススメしています。

しかしながら、調理幅を広げたいという方は、鉄とステンレスの鍋での加熱となるIHヒーター2口に、磁力ではなくヒーター部分を加熱することで鍋に熱を伝えるといったラジエントヒーターを合わせたタイプを選ぶのも1つです。ラジエントヒーターの火力はIHヒーターよりも弱くなりますが、アルミ、ガラス、土鍋といった金属以外の鍋や焼き網を使うことも可能になるためです。このように、IHクッキングヒーターといってもさまざまな組み合わせがあり使い勝手も異なりますので、ご自身の料理スタイルを考えるとより良い機種を選べるのではないでしょうか。

グリルの機能

電気を使うIHクッキングヒーターのグリルは、ガスコンロのグリルと違い、グリルの温度設定が充実しています。機種によっては、下は40度から上は280度までの温度設定に対応しているものもあり、電気オーブンのように使えます。また、クッキングヒーターのグリルの庫内は幅広で高さもあるので、大きな食材の料理や鍋を使った料理が可能なものも多いです。しかしながら、グリルの機能は各機種によって異なりますので、グリル料理を楽しみたいという方は、グリル機能の違いにも注目すると、よりご自分に合った機種を見つけられるかと思います。

そして、IHクッキングヒーターのグリルは、加熱のための電熱線が庫内の上下に埋め込んであるので庫内がフラットだというのも特長の1つです。そのため、庫内のお手入れもしやすくなっています。機種によっては、スライドレールや焼き網がないなどよりお手入れがしやすいタイプもありますので、お手入れ面を気になる方は、グリル庫内の仕様を見て選ぶとより良い機種を選べるのではないでしょうか。

操作性

IHクッキングヒーターは、ヒーターの操作部がトッププレート面についているので、見やすく、サイドをのぞき込まずに操作が可能です。操作部分の種類として、トッププレートと同じガラス素材の液晶になっているガラスタッチ式、手ごたえのあるスイッチになっているスイッチ式があります。

ガラスタッチ式は、トッププレートに液晶が組み込まれており、トッププレート面がガラスのフルフラットになっています。そのため、見た目もスタイリッシュなことに加えて、拭き掃除の際にもひっかかるところがないので、ササっとお手入れができます。操作は指でタッチするだけなので、スマートに操作したい方はガラスタッチ式がオススメです。一方、スイッチ式は操作部分が押し込みのボタンになっており、多少凹凸があります。そのため、掃除の際のひっかかりがありますが、操作した際に手ごたえがあるため、操作できているのかどうか不安だという方や操作の手ごたえが欲しいという方にオススメです。

また、IHクッキングヒーターは、点火しているのかどうかわかりにくいというデメリットがあります。しかし、機種によって、ヒーター全面が大きな円で光るタイプや前の半円部分だけ光るタイプ、トッププレートは光らないタイプなどさまざまですので、点火時の機能もご希望にあったものを選ぶとより良い機種を選べるかと思います。

トッププレートの色

IHクッキングヒーターのトッププレートは、グレー系、ホワイト系、ブラック系の3色が各メーカーから多く販売されています。グレー系は、汚れが目立ちにくく、キッチンカウンターの色も選ばないので、色に迷った方にもオススメです。ホワイト系は、キッチンが明るく見えることに加えて、汚れを見逃しにくく掃除も対応が素早くできるので、キッチンをキレイに保ちたいという方にオススメです。ブラック系は、汚れが目立たないのはもちろん、IHクッキングヒーターの調理状態が目で見て把握しやすいので、液晶が見やすい方が良いという方にはオススメです。もし、みなさまがIHクッキングヒーターを複数で悩んでいた場合には、トッププレートの色で絞ってみるのも良いかと思います。

IHクッキングヒーターの交換はTEPCOホームテックで!

ここまで、IHクッキングヒーターの選び方のポイントをご紹介してきましたが、少しはみなさまのIHクッキングヒーター選びの参考になりましたでしょうか。ご希望のIHクッキングヒーターの機種が決まった方はもちろん、まだ決めきれないという場合もTEPCOホームテックへご相談ください。24時間365日電話やWEBフォームでご相談を承っておりますので、お気軽にご相談いただけます。

お電話・WEBフォームでのお問い合わせはこちらから

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る