エネルギーの豆知識・体験談

FIT満了後も売電のみを続けている方に考えてほしい「今後」のこと

みなさま、こんにちは。エネカリオンラインの上地です。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の固定買取期間は、10kW未満の場合は10年間と定められていることはご存知のことかと思います。FIT制度は2009年11月に開始されたため、2019年11月に初めての満了を迎える方が出てきました。以降は、順次買取期間の満了を迎える方が出てきます。その満了を迎える方のことを「卒FIT」と呼んだりします。みなさまがFIT制度満了を迎える場合には、電力会社より個別に通知が届くこととなります。そのため、その通知をもってご自身がはじめて卒FITになると知る方も多く、取り急ぎそのまま売電のみを続けているという方も少なくありません。そこで、今回は卒FITとなり売電のみを継続している方にも、今一度今後の電力活用についてお考えいただけたらという思いのもと、今後の電力活用方法についてご提案をさせていただきます。

売電し続けることはメリットになるの?

今回、下記条件をモデルケースに考えていきたいと思います。

お住まい:東京電力PGサービスエリア
太陽光パネル設置容量:4kW
FIT期間中の売電単価:48円/kWh(2010年度以前に太陽光を設置)
年間売電量:2,000kWh

FIT制度が始まった2009年当初の売電価格は、48円/kWhという高価格での買取でした。しかし、FIT満了後の売電単価は8.5円/kWhと大幅に下がってしまっています。また、モデルケースの場合、FIT期間中は96,000円ほど売電収入を得られていたこととなりますが、FIT満了後は17,000円まで売電収入が下がってしまっていることになります。
そのため、少しでも高く売電をしたいという方は、電力会社を乗り換えるというのも1つの手段です。売電価格においては、売電先の電力会社により異なりますが、あらかた8.5円〜12円/kWh程度となっています。しかし、売電単価が高いものは契約できる条件に縛りがありますので確認が必要です。このように、現在の電力会社のままでも、電力会社を乗り換えても売電を継続することで多少でも収入を得ることはできます。
しかし、FIT期間中と同様の収入を得たいという方にとっては大きな悩みとなるのではないでしょうか。

そんな方に電力活用方法にはどんな方法があるかということについて、次にご説明したいと思います。

家庭用蓄電池を導入して余剰電力を活用する

売電して収入を得るという選択肢以外に、家庭用蓄電池を導入して余剰電力を活用するといった方法があります。これは、簡単にいうと、FIT期間中売電収入になっていた余剰電力を自分たちのために使うという考え方です。家庭用蓄電池を導入することで、売電していた電気を充電・放電し使用することが可能になります。家庭用蓄電池に蓄えた充電・放電分の電気は、本来は電力会社から購入する必要のある電気です。その購入するはずだった電力をご自宅でまかなうため、電力会社からその分の電力を買う必要がなくなったというだけでも電気代の削減につながるということはお分かりいただけるかと思います。しかし、実際はどれくらいの削減効果が出るのかと疑問視される方がほとんどではないでしょうか。

たとえば、太陽光発電システムを設置のご家庭の場合、太陽光パネルを導入するにあたりオール電化住宅にされている方も多いのではないかと思います。その場合、購入電力の契約を、夜間の電気代が格安なプランにしているご家庭がほとんどではないでしょうか。東京電力PGサービスエリアにお住まいの場合は、「電化上手プラン」がその契約にあたります。電化上手プランの場合は、昼間の料金は「夏季:39.44円、その他季:32.32円」となります。そのため、中間をとった36円/kWhとして計算してみると、先程のモデルケースの場合、72,000円分の電気を購入しなくても良くなるという計算結果になります。

このことから、先程ご説明したように、家庭用蓄電池を導入せずにFIT後継続して売電をした場合に得られる年間の売電収入が17,000円に下がってしまうことや太陽光発電がされない時間帯に電力を購入することを踏まえると、自家消費をして電力を活用していく方がおトクだと感じていただけるのではないでしょうか。売電と自家消費についてもっと詳しく知りたいという方は、下記記事をご確認ください。

売電と自家消費はどちらがおトクか⁈

家庭用蓄電池の導入には高額費用がかかる⁈

家庭用蓄電池を導入することで、本来購入していた電気を購入せずに活用できるのはおトクなことはわかっていただけた場合でも、家庭用蓄電池を導入するには費用がかかるし、損をしてしまうのではないかと疑問に感じる方も多いかと思います。確かに、家庭用蓄電池を導入するのには高額費用がかかってしまいます。家庭用蓄電池の値段は下がっている傾向にはあるものの、蓄電池本体と工事費を含めて200万円以上をするケースも多くありますし、見積もりをしてもらう会社によって金額も異なってきますので、手が出せないと泣く泣く家庭用蓄電池の導入を諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

そんな方々にも気軽に家庭用蓄電池を利用していただけるよう、TEPCOホームテック 「エネカリオンライン」 では、初期費用0円、月額利用料のみで家庭用蓄電池を導入いただける「蓄電池エネカリ」サービスの提供をしています。

蓄電池エネカリとは?

「蓄電池エネカリ」の大きな特長は、初期費用0円で家庭用蓄電池の導入が可能だということです。そのため、家庭用蓄電池を導入したいと思った際に多大な費用がお手元になかった場合にも導入することができます。また、ご希望の容量やご契約期間により異なりますが、月額7,900円(税抜)から良質な家庭用蓄電池を利用することができます。この月額費用には、各種保証などの付帯サービスも含んでいます。そのため、ご利用期間中は追加の費用がかかることなく、毎月定額利用料のみのお支払いですので、家計の負担が少ないことに加えて、修理費用などの急な出費に対する不安もなくご利用いただけます。

月額費用で家庭用蓄電池を導入して得られることって?

そんな初期費用0円、月々の定額利用料のみで家庭用蓄電池の導入が可能な「蓄電池エネカリ」ですが、正直なところ、月額を支払うことですら惜しいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、もし、万が一地震や台風などの災害によって停電が起こってしまった場合はどうでしょうか。私たちの生活は、携帯電話、スマートフォン、テレビ、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機などと電気を使用する製品に助けられて生活をしています。
太陽光発電システムを設置している場合は安心と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、太陽光発電システムは、太陽が出ている昼間は太陽光で発電した電気で電化製品を使うことができますが、夜や曇りの日は利用することができません。そのため、太陽光発電システムが発電しない条件時に停電が起きてしまった場合には、電気が全く使用できず不安な時間を過ごすことになります。もし、家庭用蓄電池を導入していれば、停電時でも昼間に発電した電気をためておくことができるので、そのためておいた電気を夜や曇りの日でも利用することができます。売電のことを一番に考えていた方も、月額7,900円(税抜)からの定額料金のお支払いで停電時の安心を買えると考えたら、何にも変えがたいメリットだと思っていただけるのではないでしょうか。

家庭用蓄電池の導入を決めたらエネカリオンラインで!

もし、みなさまが家庭用蓄電池に必要性を感じ導入をお考えの場合には、ぜひエネカリオンラインサイトからお申込みください。サイト上には、定額利用料を明確に提示しており、その価格から変動がありませんので、安心してご利用いただけます。また、24時間365日WEBから申込が可能ですので、気軽にお申込みいただけます。ぜひご検討ください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る