エネルギーの豆知識

今注目するべき電力の自家消費とはいったい何のこと?

こんにちは。エネカリオンラインの上地です。

太陽光発電システムを導入しているみなさまは、「自家消費」という言葉を耳にする機会も増えたのではないでしょうか。といいますのも、2009年11月から始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)が2019年11月に初めて満了を迎え、卒FITと呼ばれる方が出てきました。以降は、順次満了を迎える方が出てきます。
そんなFIT制度満了を迎えることを機に、電力の自家消費に注目が集まり始めています。しかし、正直なところ、電力を自家消費するというのはどういうことなのかと疑問視される方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、今回は電力の自家消費についてご説明していきたいと思います。

電力の自家消費とは

電力の自家消費とは、太陽光発電システムでつくった電力を売電ではなく、自分の家庭内の電力として消費することをいいます。太陽光発電システムでつくった電力を自分の家庭内の電力として消費することは、日々の電気代の削減につながるだけでなくエコ活動にもつながります。そんな電力の自家消費ですが、注目されるようになった背景には大きく3つあります。

電力の自家消費が注目されている背景

再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)における買取価格の低下

電力の自家消費が注目されたのは、FIT制度における買取価格が低下していることが背景の1つにあります。FIT制度がスタートした当初は、太陽光発電システムの普及を目的としていたこともあり、高い買取価格を設定することで太陽光発電事業への投資を誘導してきた側面があります。しかし、普及が進むにつれて設置コストの低下や再エネ賦課金の国民負担が増大していることもあり、FIT制度における買取価格は値下がり続けています。

電気料金の値上がり

電気料金の値上がりも電力の自家消費が注目された背景の1つです。電気料金は、東日本大震災以降、原子力発電所の稼働が停止した影響を補うために石油火力やLNG火力の発電量増加に伴い、値上げが相次ぎました。加えて、同時期における原油価格及び連動するガス価格が高水準であったため、震災前の2010年度と2014年度を比較すると大きく上昇しました。その後、原油価格の下落などにより2014年度以降は下降に転じましたが、2016年度以降の原油価格の再上昇や再エネ賦課金単価の上昇が影響し、直近では再び電気料金が上昇しつつあります。

再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT制度)満了後の売電価格

FIT制度の適用期間は、家庭向けの場合(10kW未満)は10年間と定められていますので、11年目以降は取り決められていた固定価格が適用されなくなってしまいます。FIT制度の満了を迎えた場合もそのまま売電を続けることは可能ですが、たとえばお住まいが東京電力PGサービスエリアの場合、売電単価が8.5円/kWhと大幅に下がってしまっています。また、満了を機に電力会社を変更し売電することも選択肢の1つですが、電力会社が提示する売電価格はおおむね8~12円です。この価格は電力会社にもよりますが、電気を購入する金額よりも安い金額になってしまう場合があるため、自家消費に対する注目が高まったという背景があります。

自家消費が注目されたのにはこのような背景がありますが、ここからは、果たして電力を自家消費することでみなさまが得られるメリットは実際にあるのかについてご説明していきたいと思います。

自家消費をすることで得られるメリット

自家消費すれば、電気代の削減につながる!

太陽光発電システムで発電した電気は、まずは自宅の電気として使用することができます。太陽光発電システムのみを導入している場合、電力を自家消費できるのは太陽光で発電できる時間帯に限られますが、その時間においては本来電力会社より購入するはずだった電気を購入しなくて済むということになります。そのため、必然的に電気を購入する量が減るので電気代を削減することにつながります。

たとえば、東京電力エリアでスマートライフプランにご契約の場合は、1kWhあたりの電気購入料金は25.8円になります。自家消費を行うことで、電気を購入する必要がなくなれば25.8円を払わずに電気を使うことでできますので、電気代の削減につながります。

効率的に自家消費をするためには?

家庭用蓄電池を導入する

太陽光発電システムのみを導入しているだけでも電力の自家消費をしていることになりますが、自家消費できるのは太陽光で発電できる時間帯に限られてしまいます。その理由は、太陽光発電システムには電気をためておく機能がついていないためです。そのため、太陽光で発電できない時間帯には電気を購入しなければなりません。もし電気をためておくことが出来れば、太陽光で発電できない時間帯にも電気を使用することが出来るので、電気を購入ぜずに済み、電気代をより削減することが可能になります。それを実現するために必要となるのが家庭用蓄電池です。

家庭用蓄電池を導入し、太陽光発電システムと連携させることによって電気をためておけるため、夜間や悪天候時にも使用することができるようになります。それだけでなく、夜間の電気代が安くなるプランを併用することで電気代の安い夜に家庭用蓄電池を充電し、電気代が高くなる日中はその充電しておいた電気を利用できるので、より電気代を削減することも可能になります。

昼間運転機能搭載エコキュートを導入する

電力の自家消費効率を高めるためには、昼間運転機能搭載エコキュートを導入することも有効です。エコキュートは、電気を使ってお湯を沸かす給湯器です。みなさまは、エコキュートというと、電気料金のプランを深夜が割安、日中が割高といったいわゆる「深夜電力」にして、 深夜の電気代が安い時間帯にまとめてお湯を沸かしておき、電気代が割高な日中に利用する仕組みのものだとお思いではないでしょうか。しかし、最近では、太陽光発電システムと連動させ、日中に発電した分でお湯を沸かす新しいタイプのエコキュートも登場しています。昼間運転機能付きのエコキュートを導入することで、夜間の沸き上げ量を減らし、翌日の昼間に分散して沸き上げるということが可能になるため、より自家消費率を高めることができます。

ここまで、電力の自家消費をするメリットや電力の自家消費効率を高めるための方法についてご説明してきましたが、少しはお分かりいただけたでしょうか。しかし、電力の自家消費をするには機器の導入が必要だということもあり、当然ながら費用がかかってきてしまうため、本当に電力の自家消費は必要なのかと躊躇される方も多いように思います。そこで、ここからは電力を自家消費することの必要性についてご説明させていただきます。

電力の自家消費は本当に必要なの?

電気を購入する価格よりも売電価格の方が安い⁈

先程、電力の自家消費が注目された背景についてご説明したように太陽光発電システムで発電した電気を売電し利益を生み出すことは難しいのが現状です。特に卒FITの方については、FIT制度満了後の売電価格が、おおむね8~12円まで落ちてしまいます。これは、みなさまが電気を購入するときも安い金額となりますので、そこまでしてまで売電を続ける必要があるのかと今一度考えていただきたいと思います。

もし、余剰電力を8~12円程度で売るのをやめ、その余剰電力を蓄電池にためて夜間に使用した場合は、本来買わなければいけない高い電気を買わずに済むようになります。 近年、スマートハウスやオール電化などが注目を浴びているだけでなく、電気自動車やスマート家電も普及していることもあり、電気はますます必要になってくることと思います。その必要不可欠な電気をご自身でまかなうことは、売電よりも実質的な利益を生み出せるのではないでしょうか。

自家消費のサポートだけでなく災害時の安心も得られる⁉

また、もしもみなさまが電力を自家消費する方法として家庭用蓄電池を導入した場合、停電時でも電気を使用できるという安心を手に入れることができます。太陽光発電システムには電気をためておく機能が備わっていないため、万が一夜間に停電が起きた場合には太陽光発電システムを設置しているご家庭でも電気を使うことができなくなってしまいます。しかし、家庭用蓄電池を導入している場合には、太陽光発電システムで発電した電気をためておくことができますし、ためておいた電気を夜間に使うこともできます。そのため、停電時でも普段に近い生活が送れるため、安心して過ごすことが出来ます。

近年は地震や災害に伴う停電が相次いで起こっています。そのために設備投資をすると思うと躊躇してしまうかもしれませんが、電力を自家消費するために導入した家庭用蓄電池が万が一の停電にも耐えられる家にもしてくれると思うと、電力の自家消費に対しても必要性を感じていただけるのではないでしょうか。

自家消費をサポートする機器の導入はエネカリで!

もしみなさまが電力の自家消費に対して必要性を感じていただき、電力の自家消費のサポート役となる家庭用蓄電池や昼間運転機能搭載エコキュートの導入をお考えの場合には、ぜひともエネカリをご利用ください。

家庭用蓄電池や昼間運転機能付きエコキュートを導入しようと思った場合、本体価格だけで数十万円は必要となりますし、家庭用蓄電池においては100万円以上するものもありますのでとても高額です。さらには、設置工事費とは別に追加工事費が必要でしたり施工会社によって金額が異なってもきますので、金額が不明瞭という理由から導入を諦めたくなる人も少なくないかと思います。そんな方々にも家計の負担を少なくかつ安心して機器を導入いただけるよう、TEPCOホームテックでは、初期費用0円、毎月定額の利用料のみで利用できる「エネカリ」サービスの提供をしています。

各種保証などの付帯サービスも含んでおり、安心してご利用いただけます。

エネカリに関するお問い合わせはこちらから

また、もしみなさまが家庭用蓄電池の導入をご希望の場合は、エネカリオンラインでのお申し込みがオススメです。初期費用0円、月額7,900円(税抜)から利用可能なおトクな家庭用蓄電池をエネカリオンライン限定でご提供しています。特設ページもございますので、ご確認のうえ、ぜひご検討ください。

↓エネカリオンライン限定!家庭用蓄電池の詳細はこちらから↓

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る