TEPCOメンテナンスセンターのエリア拡大!


本日、TEPCOメンテナンスセンターの
エリア拡大に関するニュースリリースを行いましたので、概要についてご説明させていただきます。

TEPCOホームテックでは、2018年5月よりTEPCOメンテナンスセンターを立ち上げ、
東京23区にお住いの方々を対象に、住宅設備に係るアフターメンテナンスサービスを展開して参りました。

お客さまの困りごとであるアフターメンテナンスに対応することで、お客さまとの接点強化を図り、
修理だけに留まらない、住宅や設備に係る幅広いニーズにお応えすることを目的としております。

この度、TEPCOメンテナンスセンターのサービスエリアを東京23区に加え、
9月1日からは都下、神奈川・千葉・埼玉まで、一都三県(一部地域除く)に拡大して、
ご家庭の住宅設備のメンテナンス対応に加え、リペア(補修)やハウスクリーニング、
リフォーム相談までサービスを広げてご提供させていただきます。

また、サービスエリアの拡大に合わせ、プロモーション展開では、
東京電力エナジーパートナー(以下、東電EP)の公式LINEアカウントから
TEPCOメンテナンスセンターのWEBページへのリンクや、
東電EPの新キャラクター「テプコン」をTEPCOメンテナンスセンターのキャラクターに採用するなど、
東電EPと協働したプロモーションを行って参ります。

更に、これまでメンテナンスの依頼は電話かWEBサイトに限られておりましたが、
今回からWEBサイト上にチャットボットを導入させ、お客さまが手軽に修理依頼ができるサービスを整えております。

ご相談件数も7月には400件/月に達し、今後も増加が見込まれます。

TEPCOホームテックとしてはメンテナンス事業を2本目の柱として、
しっかりと軌道に乗せて参りますので、引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。






日経エネルギーNextより。


TEPCOホームテックとソーラーエネカリのサービスで提携している、
ソーラーフロンティア社の平野社長さまの記事が掲載されておりますので、ご紹介させていただきます。

注)リンクの記事は会員以外は途中までしか読むことができません。予めご了承願います。
※日経ビジネスONLINE From 日経エネルギーNextより引用

さらばメガソーラー、「自家消費」が拓く新時代:日経ビジネスオンライン
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/022700115/073000134/






ラジオCM調査結果、その3


調査対象:首都圏 30~59歳・男女
リスナー:スポットCM放送時間帯に週1回以上 TOKYO FM を聴いている人
非リスナー:普段ラジオを聴かない人

最後に、エネカリのラジオCMを聞いてどのような行動を起こしたかについては。

1.リスナー全体の行動喚起スコアは全体の4割以上を獲得(45%)。リスナー(持ち家)においても4割の行動喚起スコアが出ています。(41.5%)

2.リスナー男女比較では、リスナー男性の約4割がエネカリについて、インターネット等で調べたと回答しております。(女性との比較で約3倍のスコア差)。

3.また、リスナー男性は14.3%が省エネ・エネカリ診断を申し込んだ(問い合わせをした)と回答がありました。(女性との比較で約3倍のスコア差)。

今後もTEPCOホームテックのサービスを生活者に広く認知していただくために、効果的なプロモーション活動を継続してまいります。