ラジオCM調査結果、その3


調査対象:首都圏 30~59歳・男女
リスナー:スポットCM放送時間帯に週1回以上 TOKYO FM を聴いている人
非リスナー:普段ラジオを聴かない人

最後に、エネカリのラジオCMを聞いてどのような行動を起こしたかについては。

1.リスナー全体の行動喚起スコアは全体の4割以上を獲得(45%)。リスナー(持ち家)においても4割の行動喚起スコアが出ています。(41.5%)

2.リスナー男女比較では、リスナー男性の約4割がエネカリについて、インターネット等で調べたと回答しております。(女性との比較で約3倍のスコア差)。

3.また、リスナー男性は14.3%が省エネ・エネカリ診断を申し込んだ(問い合わせをした)と回答がありました。(女性との比較で約3倍のスコア差)。

今後もTEPCOホームテックのサービスを生活者に広く認知していただくために、効果的なプロモーション活動を継続してまいります。