ESG投資とエネカリ


昨今、大手の製造業や建設業などで、CO2削減の長期目標を掲げる企業が増え始めております。
この背景にあるのは、環境対応や企業統治などに優れた企業を選別する
ESG投資(環境・社会・企業統治)が広がっているためと考えられます。

国内最大の機関投資家である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は3つのESG指数を
採用し運用を始めているようで、ESG投資は世界で拡大しており、
日本国内でもESGへの関心が高まっております。

また、金融業界でもESGの環境長期目標を定める検討を始めているようです。
CO2削減目標があれば、カーボンプライシング導入時のコストを意識して経営していると
判断でき、再生エネの導入目標は、将来の化石燃料価格高騰への対策と評価できるようです。

そして、長期視点で経営を支援してくれる投資家と対話するためには、環境長期目標が欠かせないとのことです。

このように金融業界でもESGへの対策が急がれる中で、TEPCOホームテックとしても
金融機関のお客さまにエネカリを利用してもらうことで、
金融機関が排出権(クレジット)が得られるモデルの検討を始めました。

TEPCOホームテックとしては、経営理念そのものが省エネを通じたCO2削減でありますので、
大手の金融機関と連携してエネカリを推進し、
エネカリを通じたCO2削減に積極的に貢献していきたいと考えております。