卒FIT対策 太陽光発電を行っている家庭が考えておくべきポイント


卒FITや2019年問題とも呼ばれる太陽光発電を行っている家庭が直面する問題。FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)の満了に向けて考えておきたいポイントをご紹介します。

 

FITとは

FIT(Feed-in Tariff)と呼ばれる「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」は、再生可能エネルギーの普及を目的として2009年11月に始まりました。FIT開始時の買取価格は48円/kWhと大変有利なもので、太陽光発電が一気に普及しました。そしてこの有利な条件での電力買取が2019年末に満了となるご家庭は、何と50万世帯を超えるといわれています。

 

買取価格が大幅低下 FIT満了が家計に大きく影響

FIT開始時の買取価格は48円/kWhと非常に高く、これが10年間固定されるという大変有利なものでした。しかしFIT満了後の買取価格は大幅に落ち込みます。まだ正式な単価は決定していないものの、10年間続いた大きな収入源が11年目以降は数分の一にまで縮小してしまう可能性があるため、対策を考えておく必要があります。

家計だけでなく環境のために

2018年の夏は記録的な猛暑でした。冷房需要の増大により大量の電気が消費される中、太陽光発電は極めて重要な電源となりました。太陽光発電は家庭でできる重要な環境貢献です。家計だけでなく、環境のためにも持続する工夫が大切です。

 

卒FIT対策のポイントは「効率的な自家消費」

FIT満了後は電気を売るよりも使う方が得。作った電気を「いかに効率的に自家消費するか」がポイントとなります。電気を効率的に活用するための方法は大きく2つ。1つ目は作った電気を蓄える方法、2つ目は熱(お湯)に変えて蓄える方法です。

方法1「蓄電池に余剰電力を蓄えて夜間利用」

電気を蓄えるには蓄電池が必要となります。蓄電池を導入するには相応のコストがかかるため、なかなか決断しにくい面もありますが、10年~15年で寿命を迎えるパワーコンディショナ交換の際に、蓄電池一体型のパワーコンディショナを導入する方法もあります。

(画像提供:ソーラーフロンティア株式会社

また、最近はEVやPHVなどの自動車に搭載された大容量の蓄電池を利用し、家庭用に電気を供給するV2H(Vehicle to Home)と呼ばれる技術も普及しています。蓄電池は停電時も電気を利用できるという災害対策としての価値も見逃せません。

方法2「エコキュートで余剰電力を熱(お湯)に変換して利用」

エコキュートはヒートポンプを利用した給湯機です。ヒートポンプは少ないエネルギーで空気中から熱をくみ上げ、大きな熱エネルギーとして利用する省エネ技術。冷蔵庫やエアコンでも利用されています。お風呂やシャワーなど、実は家庭の消費エネルギーの約3割は給湯が占めています。エコキュートのランニングコストは石油給湯器やガス給湯器に比べて断然お得。石油やガスの料金が高いご家庭は、エコキュートを導入して太陽光で発電した電力を効率的に使うことがおすすめです。

また、災害時にはエコキュートに貯めた水を活用することができます。タイプによりますがエコキュートの満タン時の貯湯量は300Lから500L。タンク下部にメンテナンス用コックがあり、ひねれば水を取り出すことができます。(脚部カバーが付いているタイプではカバーを外してください)

 

ご家庭ごとに異なるライフスタイル 気軽に相談を

ご家庭ごとに生活パターンも設備も異なります。卒FITに向けて、それぞれのライフスタイルにマッチする対策を検討する必要があります。東京電力グループ「TEPCOホームテック」は住まいの省エネ会社です。エコキュートや蓄電池だけでなく、IHクッキングヒーター、高効率エアコン、LED照明、太陽光発電、EVリフォームなど、ご家庭における様々な「でんきのリフォーム」を承っています。どうぞ気軽にご相談ください。


https://www.tepco-ht.co.jp/reform/product/